せいだデンタルクリニック

せいだデンタルクリニックは、新潟市 西区 五十嵐の歯科医院です。

〒950-2045 新潟市西区五十嵐東3丁目13番5号

TEL 025-268-7748

無料メール相談

‘2013/06’ カテゴリーのアーカイブ

梅雨です

2013/06/28



こんにちは☂  梅雨にまっしぐらですねえ!!

梅雨が明けたら夏休み・・・・・。

早く雨がやまないかしら……。

梅雨という言葉は中国から伝わったもので一説には「ばいう」で「黴雨」からきているそうです。カビの生える季節だから!!!カビでは語感が悪いため、同じ「ばい」で季節にあった「梅」の字をあてたのだそうですよ。カビの雨じゃ、あんまりですもんね。



先日のニュースで県内の12歳児(中学一年)の虫歯数が1人平均0.6本となり、13年連続で日本一となったことを報告していました。全国平均は1.10本だそうです。保育所や幼稚園や小学校でのフッ素洗口や給食後の歯磨き、学校歯科検診後の医療機関への受診勧告のためでしょうか。

他県から引っ越してこられた方は特に幼稚園のフッ素洗口に驚かれるようです。フッ素洗口しているのにフッ素塗布しても大丈夫なのか?などと尋ねられたことがあります。答えは「大丈夫」です。
用法を守ればフッ化物歯面塗布、フッ化物洗口、フッ化物配合歯みがき剤を併用することで効果が出ます。
フッ化物歯面塗布…年2~4回 9000ppm   乳歯が生えた直後から4歳
4歳以降はフッ化物洗口と並行。成人や高齢者にも効果があります
フッ化物洗口………毎日 225ppm または 週一回 900ppm
対象年齢は4~15歳頃ですが成人高齢者にも効果があります。
フッ化物配合歯みがき剤…1000ppm以下
吐き出しができない三歳未満児には500ppmの歯みがき剤
3~6才未満グリーンピースサイズを使用。 6歳以上は歯ブラシの植毛部の半分

先日患者さんに聞かれた質問に母乳は虫歯になるかどうかということ。
「歯が生えたらフッ素塗布しなきゃ」ということでお子さんをお連れになりました。きっとまだ卒乳していないのでしょう。昔は母乳を止める時期なども一歳くらいと言われ「断乳」という表現でしたが、これも見直され母子健康手帳の記載も変更されました。
一歳で母乳を無理に止める必要はなく、母子の状況に応じて自然にやめていけば良いという考え方が主流のようです。母乳育児が虐待の防止や育児不安の軽減に役立つとも言われています。

ただし、一歳を過ぎて母乳の続いている子供には、虫歯の発生が見られやすいということはいえます。

母乳及び哺乳瓶でのミルクや飲料の摂取による虫歯は、特徴的で上の前歯に集中的に虫歯ができます。歯の表側だけでなく裏側にもでいます。上唇・上あごと舌の間に乳首がはさまれるため上の前歯の周囲に母乳やミルク、飲料がたまりやすいのです。特に睡眠中は唇や舌も動かさず唾液の分泌も減少するため、寝る前に飲んだり飲みながら眠ってしまうと、歯の表面に飲料が長時間接していることになります。
母乳やミルクに含まれる「乳糖」は砂糖ほど虫歯になりやすくはないけれど、長時間前歯の表面に母乳やミルクをためてしまうと虫歯になるわけなのです。

母乳を与えたあとにはガーゼで拭ったり歯磨きをしてあげてください。そしてフッ素塗布も定期的にw01.gif
今年も夏椿が咲きましたte01.gif

歯と口の健康週間です

2013/06/08

6月4日から6月10日は歯と口の健康週間です。

厚生労働省、文部科学省、日本歯科医師会が1958年から実施している週間だそうです。
 1928年から1938年まで日本歯科医師会が、「6(む)4(し)」にちなんで6月4日に「虫歯予防デー」を実施していました。1939年から1941年まで「護歯日」、1942年に「健民ムシ歯予防運動」としていましたが、1943年から1947年までは中止されていました。しかし、1949年、これを復活させる形で「口腔衛生週間」が制定されました。1952年に「口腔衛生強調運動」、1956年に再度「口腔衛生週間」に名称を変更し、1958年から2012年まで「歯の衛生週間」、そして2013年より「歯と口の健康週間」になっています。

今年、2013年の標語は「健康は 食から 歯から 元気から」

毎年標語が決まっていて時代を反映したポスターがあって面白いものです。

歯と口の健康のために、正しいブラッシングと定期的な歯科受診を!

「歯清ければ心まで」
昭和ですねえ。


梅雨入りしたそうですがいい天気が続くなあと思っていたら今日は久しぶりの雨。

ニセアカシアの香りがしたり


庭のガーベラやなでしこやカンパニュラも綺麗だし




夏はもうすぐです


archive