ブログ

キッズコーナーからおもちゃを撤去しました。

テーマ: 医院紹介 2020.03.31

三月があっという間に過ぎてしまいました😅

新型コロナウィルスは世界中で猛威をふるっています。今日は新潟県では新しい感染者は報告されていませんが、大都市圏ではたくさん感染された方がいらっしゃるようです。当院でも院内設備の清拭や消毒を徹底していますが、やはりキッズコーナーのおもちゃすべてを一日に何度も消毒するというのは現実的ではなくて、今週に入ってから撤去に踏み切りました。キッズコーナーが閑散として広く感じられます。絵本も片づけちゃったのでやり過ぎ感もありますが。

新型コロナウィルス感染症で亡くなられた多くの方のご冥福をお祈りいたします。

一日も早く収束してほしいです。

☀先月くらいからタペストリーが新作になりました。☀

写真にすると実物よりモチーフがわかるような気がする…。藻ね。

 

 

休校するのでしょうか…

テーマ: 新着情報 2020.02.27

今日、最後の患者さんを診ている最中に、安倍首相が全国すべての小中高校と特別支援学校で三月二日から休校にするよう要請したという報道を知った。

何分急な事なので混乱が予想される。仕方のない事とも思いますけど、大騒ぎでしょう。まだ新潟の小中学校では学校から何の連絡もないとの事だったので動きがあるのはこれからでしょうが。

今のところ、うちの子育て世代の歯科衛生士や受付担当者はなんとか出勤の目途を立ててくれているので当院は通常通り診療できそうです。

とにかく手洗いとマスクと顔洗いと目を洗うのを徹底して、一人一人が感染予防をしてこの状況を乗り越えましょう。

今年もよろしくお願いします

テーマ: 健康情報, 新着情報 2020.01.29

一月もあと二日という今日ですが…今年もよろしくお願いいたします。

中国で初感染が確認された新型コロナウィルスは国内でも感染が広がっています。感染された方たちの一日でも早い回復をお祈り申し上げます

今年は暖冬ですね。今日は日中10度くらいまで上がって過ごしやすかったです。しかし、雪の降るべきところに雪が降らないと、各方面に影響が出るようです。除雪の業者さんや、雪まつりや、スキー場…。そして、暖冬のあとにきっとくるであろう水不足問題。新潟の米は大丈夫か?東京五輪でも水不足が心配。

 

来月は節分。天気はいいけど何やら悪いニュースの多い年初め。豆まきで鬼を退治します!

年の数だけ大豆を食べよう、なんて話もありましたね。北日本では豆まきで大豆より落花生を投げることが多いようです。食べるのなら栄養のバランスなどから大豆の方がいいかなと思いますが……。

大豆イソフラボンが脚光を浴びるようになって久しいですね。

女性ホルモン「エストロゲン」と似た化学構造と働きをすることがわかっています。
元々は、大豆の胚軸(生長すると芽になるところ)部分に多<含まれる抗酸化物質の1種。細胞にダメージを与える「活性酸素」の働きを抑えてくれる優れものです。大豆イソフラボンの特徴は、女性ホルモン「エストロゲン」(卵胞ホルモン)に似た働きをし、女性の美しさや若々しさを手助けしてくれる事にあります。
加齢とともにエストロゲンの分泌量が減少すると、やがて更年期、閉経を迎え、それに伴い、「更年期障害」と呼ばれる体と心のトラブルがみられることがあります。そこで大豆イソフラボンは、エストロゲンの不足を補い、トラブルを予防してくれる可能性があります。

近頃ドライマウスの方がよく医院に訪れられますが、そこまで気にされなくても…という方から、舌痛症を伴うような深刻な状態の方まで様々です。ガムをかむこと、唾液腺のマッサージ、湿潤スプレーやマウスウォッシュの使用などを指導しておりますが更年期障害とかかわりのある場合などにはホルモン補充療法によって口渇感の秋禅が見られるといいます。女性ホルモンの代わりをするという大豆イソフラボンの摂取もいいかもしれません。ただし、すべての人が大豆を摂取して女性ホルモンを補うことが出来るというわけではないのです。更年期障害の相談はまずは婦人科で相談しましょう。大豆イソフラボンには摂取の目安量がありますので、特にサプリメントを飲んでいる方は、摂り過ぎに注意する必要があるでしょう。

お口の渇きは、つらい症状ですよね。何でもご相談ください。

 

 
 

本年度は大変お世話になりました。来年もよろしくお願いいたします

テーマ: 医院紹介, 歯周病予防, 虫歯 2019.12.30

2019年12月30日です。

今年の診療も無事終了いたしました。

歯科医師一人と、歯科衛生士三人と、歯科助手二人で来年も頑張っていきます。来年になって変わることはそんなにないですけど、強いて言えばスタッフの制服が変わります。

じつはここ一二年は紺のパンツに上はカラフルなスクラブでした。好きな色は人それぞれで従って毎日いろんな色の制服で仕事に従事していたのです。自分の好きな色に包まれて仕事するのが一番よかろう…と思っていたのですが、ユニフォームらしくないとのお声もいただき、来年からは全員の合意の上でユニフォームの色を統一して心機一転、心新たに始動しようかと思います。個人的にはちょっと地味じゃないかな?と思うのですが…乞うご期待。

👉この12月に新しい機械を入れました。プロフィーメイトneo。

パウダーを勢いよく歯面に吹き付けてタバコやコーヒーなどによるステインを除去します。勿論バイオフィルムも除去できます。

歯周病菌やう蝕細菌の集合体をプラークと言います。これらの細菌は自らが作り出す菌体外多糖によってバリアーを張っています。このバリアーによって守られている細菌の集合体は直接歯面に付着できない菌種他の菌種の仲介によって存在することが出来ます。付着や栄養素の面でお互いに協力拮抗しあう事で最近の共同体は安定状態となります。最近はこのバリアーの中にいる限り細菌を攻撃しようとする白血球や抗体などから自らを守ることが出来るのです。このバリアーがバイオフィルムです。このバイオフィルムが出来てしまうと歯のエナメル質が唾液に触れなくなり唾液による洗浄作用がなくなります。そして細菌が繁殖しやすい環境となってしまい、虫歯や歯周病にもなりやすくなるのです。

こちらの機械で、効率よくブラシでは行き届かない部分のバイオフィルムも除去していけますし、快適に治療を受けてもらえるんじゃないかな?と思います。パウダーの味がややしょっぱいので、合わない方はいらっしゃるかもしれませんね。

 

来年もよろしくお願いいたします!!

 

暖冬だそうです

テーマ: 健康情報 2019.11.29

今年は暖冬だそうです。本当でしょうか??

昨日は木曜日で休診だったので、マイカーのメンテナンスにディーラーさんのところに行ってきました。ついでにスタッドレスタイヤに交換してもらいました。帰り道雪がちらちら降っていました。お昼のNHKのニュースで新潟市中央区で降雪のお知らせが。あ、やっぱりね。皆さんも冬の備えを万全に!

でも、二年前が大雪過ぎて大変だったのでしばらくお手柔らかに頼みたいです。今シーズンは、偏西風が日本付近で北に蛇行し、南からの暖かい空気に覆われやすくなる見込みなんだそうです。このため、日本では冬型の気圧配置が長続きせず、暖冬傾向となるのだとか。

「カマキリが高いところに卵を産んだら大雪」という話をよく聞きますよね。似非科学ということらしいですけど…。私はガーデニングだのハイキングだので出歩くことが多いですが、見たところカマキリは結構高い位置に産卵しているなーなんて思いました。いや、まてよ?カマキリが卵が雪に埋まらないように積雪量を予知して卵を産むとかいう事らしいけど、魚沼のカマキリなんてみんな雪に埋まっちゃうだろうけどカマキリが全滅したなんて話は聞きませんよねえ。

カメムシが多いと大雪という説もありますね。今年は少なくともうちの医院のあたりでは大量発生していませんねえ。

うちのスタッフのお子さんが学級担任から聞いた情報では、百舌鳥のはやにえの位置が高いと大雪とのことで今年は位置が高いそうです。

他にも、猿が里に早く出る年は雪が早いとか鳥が高いところに巣を作ると大雪とかいろいろありますね。

 

😝私が思うに…。大雪の年は、知覚過敏の患者さんが増える?水道の水が早く冷たくなるから!?なんてね。そんなわけありませんよ。

知覚過敏の理由はいろいろありますが、食いしばりの強い方や間違った歯みがきをされている方は歯の根元のエナメルシテが剥げてしまって、象牙質知覚過敏症をよく起こされているようです。歯周病で歯ぐきや骨が減ってしまって起きることも多いのです。当院では原因を診断したうえで適切な処置と指導を心がけています。レーザー治療も有効です。ご相談くださいね。

 

 

大きな地図を開く