ブログ

台風16号のせいか…

テーマ: 健康情報, 歯周病予防 2021.09.30

暑かったです。30℃を突破してました。明日から10月だというのに!

伊豆諸島あたりで大変なことになっていそうです。新潟は今のところ大丈夫そうですけど気象情報をチェックして対策しましょう。

秋のバラは咲いていますが、そろそろ終わりですね。花数が少なくなってきました。今年の秋はクレマチス(2回目)があまり咲かなかったので残念。代わりに虎の尾や藤袴が元気になってきました。

もう少ししたら冬支度なのだと思うと寂しいです。

コロナは第五波が収束気味で世の中は少し落ち着いていますが、まだ油断なりませんね。いまちょうど気候がいいので暴風雨でさえなければ換気やり放題で安心ですけど、これから気温が下がってくると困ります。換気したら室温下がりますし雪が吹き込んで来そうですしね。3回目のワクチン接種の話も出てきています。今年はインフルエンザのワクチン接種は例年通り11月のあたま辺りにしましょうか…。でもこれだけ感染予防に留意していて…インフルエンザにかかるのかしら?というのは誰しも考えること。それでも一応インフルエンザの予防接種もしようと思っています。来月になったら予約ですかね。

先週、気分転換にドライブに行きました。かなり近場です。写真じゃわかりにくいけど荒川剣龍峡。登山はしてませんよ。ちらっと車を降りただけ。コロナが終息したらハイキングしたい…そんな場所が増えすぎて困っています。

皆さん、突然ですが歯みがきしっかりやっていますか?最近ブラッシングの重要さを再認識中です。コロナでしばらく来院しなかったんだー何ておっしゃる患者さんのお口の中の状態の明暗を分けるのはやっぱり歯磨きをしっかりやっていたかどうかです。もちろん治療中の歯の放置がないことが前提です。治療中の歯の放置は歯みがきなんかではカバーできないほどのデメリットがありますので……。
あとは、歯ぎしりや食いしばりの癖のある方は歯周病の悪化の度合いが大きい気がします。心当たりのある方は早めの受診をお勧めします!定期健診は大切です。

バラがいい季節になりました。

テーマ: 健康情報, 医院紹介, 歯周病予防 2021.05.30

うちのバラもいい具合に成長して、どんどん大きくなっています。数年前の三倍くらいのボリュームです。というか、剪定の仕方がよくわからないので、ぼーぼーに育ってしまっているのでしょう。たまにはプロの手を入れてメンテナンスしてもらわなければ……。

お口の中も!いくら歯みがきに自信があっても、時々はプロの手を入れましょう。見た感じ、舌で触った感じで歯石や汚れがなくても、バイオフィルムは密かに厚みを増しているかもしれません。それに!つるつるに磨き上げられた歯の感触は快感ですよ。虫歯や歯周病の予防にも最適です。

本年度は大変お世話になりました。来年もよろしくお願いいたします

テーマ: 医院紹介, 歯周病予防, 虫歯 2019.12.30

2019年12月30日です。

今年の診療も無事終了いたしました。

歯科医師一人と、歯科衛生士三人と、歯科助手二人で来年も頑張っていきます。来年になって変わることはそんなにないですけど、強いて言えばスタッフの制服が変わります。

じつはここ一二年は紺のパンツに上はカラフルなスクラブでした。好きな色は人それぞれで従って毎日いろんな色の制服で仕事に従事していたのです。自分の好きな色に包まれて仕事するのが一番よかろう…と思っていたのですが、ユニフォームらしくないとのお声もいただき、来年からは全員の合意の上でユニフォームの色を統一して心機一転、心新たに始動しようかと思います。個人的にはちょっと地味じゃないかな?と思うのですが…乞うご期待。

👉この12月に新しい機械を入れました。プロフィーメイトneo。

パウダーを勢いよく歯面に吹き付けてタバコやコーヒーなどによるステインを除去します。勿論バイオフィルムも除去できます。

歯周病菌やう蝕細菌の集合体をプラークと言います。これらの細菌は自らが作り出す菌体外多糖によってバリアーを張っています。このバリアーによって守られている細菌の集合体は直接歯面に付着できない菌種他の菌種の仲介によって存在することが出来ます。付着や栄養素の面でお互いに協力拮抗しあう事で最近の共同体は安定状態となります。最近はこのバリアーの中にいる限り細菌を攻撃しようとする白血球や抗体などから自らを守ることが出来るのです。このバリアーがバイオフィルムです。このバイオフィルムが出来てしまうと歯のエナメル質が唾液に触れなくなり唾液による洗浄作用がなくなります。そして細菌が繁殖しやすい環境となってしまい、虫歯や歯周病にもなりやすくなるのです。

こちらの機械で、効率よくブラシでは行き届かない部分のバイオフィルムも除去していけますし、快適に治療を受けてもらえるんじゃないかな?と思います。パウダーの味がややしょっぱいので、合わない方はいらっしゃるかもしれませんね。

 

来年もよろしくお願いいたします!!

 

休診日のおしごと

テーマ: 歯周病予防 2019.07.25

今日はとても暑かったです。梅雨明けして早々のこの暑さ!参りました。

午前中は新人さんの研修をしました。前半は私が健康保険の仕組みとカルテの作成手順などをかなりスパルタ的に教えて、後半は歯科衛生士が休日出勤してくれて歯科治療の流れや用語などを懇切丁寧に…。

新人さんは、新しい知識をがつがつに詰め込まれて、頭がパンパンになって帰って行かれました。大丈夫かな?

この暑さで医院の庭のサンパチェンスが萎れました。うちの庭にはやや木々に隠れるところにインパチェンス、炎天下にさらされる歩道側にサンパチェンスを植えています。サンパチェンスはインパチェンス属の種間雑種としてサカタのタネが開発した品種だそうで、真夏の日差しにも強いのが特徴…萎れてるけどね。

 

午後は長岡で研修会でした。テーマは禁煙指導。新大医学部の教授より主にタバコの有害物質についてさまざまなエビデンスのお話と、保健師で労働衛生コンサルタントの先生より実際的な保健指導のコーチング術のお話でした。

タバコをやめられないのは意思が弱いからではなく喫煙習慣の正体が依存症であることは常識になっていると思います。ニコチンは脳のニコチン受容体へ作用しドパミン系報酬回路を介して喫煙者に快楽を与えます。ニコチン受容体は若くして喫煙を始めるほどその数と感受性が高まります。脳内報酬回路とは「がんばったらご褒美がもらえる」みたいなものと考えると解りやすいです。ニコチンを入れることで快楽が得られることによって脳にさぼり癖が出て、ニコチンなしでは快楽が薄くなってしまうような現象が起きてこれが依存症を生むわけです。

ゆえに、やはりお医者さんで禁煙するのがやはり近道でしょう!(ちなみに歯科でニコチンパッチやチャンピックスは処方できません)

そして!本数を減らしてもつらいだけで効果ないそうです。

 

受動喫煙は今までも問題になっていましたが、副流煙だけでなく、呼出煙(喫煙者の吐く息)も問題になっています。加熱式タバコは確かに副流煙は発生しませんが、呼出煙の中にはPM2.5もあるそうで、家族の健康を思うなら家で吸わないのはもちろんですが、吸い終わってもしばらくは自分の体を家族の前にさらさないのか一番という事になってしまいます。エレベーターに喫煙される方が入ってくるとそれだけで頭痛がするのは、単に匂いが嫌いで精神的なものかと思っていましたが、どうやらそれだけではなかったのかもしれません。

喫煙が歯周病に及ぼす影響は言うまでもありません。結構重症化しますが、喫煙する方の歯ぐきは出血もしにくいので本人が気づいていないケースも多いと思います。さすがに歯が抜ければどんな方でも気が付くと思いますけどそれじゃ遅いし…。

じつはあんまり患者さんにタバコをやめるように強く言ったことはありません。(どうしても歯周病を改善したいという方は例外として)

世代もあると思いますが、私が子供のころ大人は大抵タバコを吸っていましたから、そんなもんだという意識は根底にあります。タバコのヤニと歯石とともに歯が全部抜けて、総入れ歯でハイライトを咥え、入れ歯をヤニで黒く染める方は珍しくもないですし。

どこかで自己責任論にすり替えているのでしょうね。でも、本人が依存症で健康を害しているのに医療者が全くスルーってのもこれからは良くないのではないのかと思った研修会でした。

歯ブラシ改革??

テーマ: 医院紹介, 歯周病予防, 虫歯 2019.02.21

先日、メーカーさんのインストラクターを医院にお呼びしてスイスの歯ブラシと歯間ブラシのプレゼンをしていただきました。

以前参加したセミナーでそのインストラクターのお話をお聞きして、試供品の歯ブラシも使用してみてこれは気持ちいいな!と「スタッフに意見を聞いてみんきゃ」と考えたのでした。

https://www.yoshida-dental.co.jp/campaign/curaprox/

大きなヘッドで柔らかい密な植毛でとても磨いていて気持ちがいいが、今までのブラッシングの力だとすぐに歯ブラシの毛足が広がって使用できなくなってしまう!慣れの必要な歯ブラシでした。非常に新しい!と考えました。あと、歯間ブラシもサイズ展開が豊富でよかったのですが、今までの歯間ブラシと仕様が違うのでなかなかなじめなかったのです。ただ、効率よく歯間の汚れは落とせる!お値段以上のふれこみも誤りではない!ただ、指導方法から何から何までの変更を余儀なくされることや、歯ブラシ一本単価が900円くらいで高いのとコンパクトヘッドの歯ブラシが好きなうちの患者さん達には受け入れられないかも?と導入は躊躇しているのです。検討中です。

 

グローバルでみると大きなヘッドの歯ブラシも主流であり、コンパクトヘッドの歯ブラシだけを推奨するのもいかがなものか?という議論になりまして、いろいろな歯ブラシを全員で試してみて、ややヘッドの大きい、テーパード毛のものを推奨していくことになりました。

我々は大抵「バス法」という「毛先を歯肉方向45度にあてて圧迫、小刻みに振動」と指導方法を取るのですが、それが出来ない方も大変多いのです。そういう方達を取り残しちゃった指導方法でいいのかしらん?みたいなかんじ。

永久歯の生えてきたいわゆる混合歯列のお子さんは子供用の歯ブラシではきれいに磨けないこともあったり、様々なラインナップが必要かな…という結論に。

 

もっと歯ブラシを知っていただくために、今後はディスプレイにも工夫をしていこうと創意工夫の最中です!

 

🍊医院紹介

刺繍

そして、最近モラに挑戦。

 
モラはパナマの先住民族「クナ族」の手芸のこと(クナ族の女性が来ている特別な方法で作られたブラウスを指す場合も)
何枚か布を重ねてくりぬいたり、くりぬいたところに別色の布をアップリケしたりして作ります。

大きな地図を開く